彼女のすそわきがを治す3つの方法!

 

 

 

彼女のすそわきがで悩んでいる方は少なくないと思います。

 

 

それは女性のデリケートゾーンは臭いが出やすい所だからです。

 

 

普段素敵で大好きだけれど、
夜の営みになると彼女のすそわきがが気になってしまい。
気が進まない、、、

 

 

なにか対処法がないかと思いこのページをご覧になっているはずです。

 

 

もちろん病院で手術する方法が速いですが、
切る手術と切らない手術があります。

 

 

場所が場所なのですぐには踏み切れません。

 

 

まずは彼女を傷つけないように日常生活ですそわきがの対処していきましょう。

 

 

 

一つ目は食事をチェックしてみましょう。

 

肉・卵・乳製品等の動物性タンパク質、ニンニク・唐辛子等の香辛料、アルコールを沢山接種していませんか?
沢山食べると体臭に繋がってしまうし、汗の臭いにも出てしまうので少なめにしましょう。
一緒にいるときは進んで野菜・魚を中心に食事をするようにしてください。

 

 

 

二つ目の対処法はとにかく清潔に!

 

デリケートゾーンはとても蒸れやすく臭いが出やすいです。
通気性の良い下着をプレゼントするのはどうですか?
お出かけするときはトイレをこまめに気にしてあげてください。
出来るだけデリケートゾーンの汗を拭く為です。

 

後は一緒にお風呂に入るタイミングがあれば強い石鹸でゴシゴシと洗っていないか確認してください。
強い石鹸で洗いすぎると膣の中にある善玉菌がなくなってしまうので洗いすぎは注意です。

 

逆に洗わなすぎるのもダメなので、
出来ることならデリケートゾーン用の石鹸で優しく洗うのを勧めてください。

 

 

 

三つ目は消臭アイテムを使うことです。

 

今は一回スプレーをかけるだけで一日気にならない物もあれば、
デオドラントクリームタイプの物もあります。

 

この方法は直接彼女にしてもらわないと出来ない対処法なので
、言葉を選んで使ってもらうようにお願いしてください。

 

 

日常生活で出来るのはこれくらいだと思います。

 

 

自覚がある彼女だと臭いがするだけで、
すそわきがではない場合もあります。

 

 

生活を見直しても改善しない場合は病院に受診を勧めてみてください。


すそわきがってそもそもなに?

 

『わきが』は聞くけれど『すそわきが』は聞いたことがないかもしれません。

 

 

名前が似ているから同じような感じかな?と思うと思います。

 

 

そうです!場所が違うだけで『ワキガ』と同じです。場所は陰部です。

 

陰部からワキガの臭いがすると『すそわきが』の可能性がありますが、
臭いがキツイからといって必ずしもそうではないので確認の為に病院に行くのも良いと思います。

 

 

すそわきがの原因としては遺伝です。

 

ワキガと一緒でアポクリン汗腺が多いとそこからの汗で臭い出るのです。

 

 

アポクリン汗の脂肪や尿素等の成分が皮膚にある菌と混ざり合い臭いが発生します。

 

 

ワキガと同様治療方法は沢山ありますが、第一には清潔にしておくことが重要です。

 

 

性別で分けると男性より女性の方がすそわきが多い傾向です。

 

 

それは生理の時は特に臭いが強くなりやすいからです。

 

そして性行為中・後はアポクリン汗腺が刺激されるので強くなります。
その為女性の中には陰部の臭いが気になる為に彼氏を作ることに抵抗があったり、
性行為をするのが嫌と思っている人も少なくないです。

 

 

自分の彼女がちょっと臭うかもしれないと思ったら傷つかない様に伝えてあげてください。

 

治らないものではないので一緒にすそわきがケアから初めていきましよう!


彼女にすそわきがって伝えたらダメ?

 

彼女がすそわきがでしたら是非伝えてください。

 

すそわきがでしたらワキガの可能性もあるので彼女の事が大事であればしっかりと伝えてください。

 

しかし、ただ陰部が臭いよ。どうにかしたほうが良いよ。
と単刀直入に伝えるのだけはやめてください。

 

もう何年も付き合っていて何を言っても大丈夫な関係でしたら良いかもしれませんが、
付き合いたてとか、まだ彼女が自分をさらけ出せていない場合は出来るだけ傷つかない様に伝えるべきです。

 

もし彼女自身がワキガ・すそわきがに気づいていない様でしたら
彼女の為にしっかりと伝えてください。

 

彼女が学生だったら臭いで避けられてしまうかもしれませんし、
就きたい職業が美容関係とか飲食関係を希望していたらどうでしょう。

 

見た目がとても美しい方でも臭いがキツイ人は採用されません。
香水も禁止にするくらい香りには敏感な職業だからです。

 

そして彼女が社会人だとします。接客は向いていません。
そして会社でも臭いについて噂になっているでしょう。

 

すそわきがだとほとんどの人がワキガですので常にケアしなくてはいけません。
でも自分がワキガと気づいている人は意外と少ないのです。

 

気づいていないとケアもしないのでワキ臭を振り撒いているのが現状です。

 

彼女自身が気づいていたら話が早いです。改善に向けて二人で頑張れます!
日常生活の改善から一緒にするのです。

 

習慣になっていることを変えるというのはとても大変な事ですが、
大好きな貴方となら頑張れる!となります。

 

彼女の中では私が臭くても嫌いにならなくて私の為に一緒に頑張ってくれるなんて優しい!
この人と出会って良かった。

 

となり二人の絆もすそわきがのお陰で深まるかもしれませんね!

 

勇気を出して彼女に伝えましょう。


傷つけずにつたえるには?

 

彼女にすそわきがだよ。と伝えるときは、伝え方がとても重要です。

 

 

もしかしたら今後に影響が出てしまうかもしれない程臭いに関して女の子は重大なのです。

 

 

まずは彼女がどこまで自分の臭いに気が付いているのかを把握してください。
それによって伝え方が異なってきます。

 

 

そしてお互いはどのくらい信頼関係が築けているでしょうか?

 

 

彼女に伝えるタイミングはなるべく早くで性行為を拒んでしまう様になる前にしてください。
彼女が薄々気づいているのであれば
「時々なんだけどちょっとあそこが臭う時ない?」と聞いてみましょう。

 

 

そしたら彼女の方もやっぱりそうかもしれないと思ったんだよね。どうすればいいかな?
と解決策を相談するような流れになると思います。

 

 

彼女自身がすそわきがに気づいていない場合は、徐々に確信に迫りましょう。
「最近疲れてる?」「水分とかちゃんと取れてる?」など彼女の身体の体調を聞いてあげてください。

 

 

きっと、なんで?そんなことないけど、どうしたの?と返事がきたらチャンスです。

 

「最近あそこの臭いが気になるようになったから体調悪いのかなってちょっと心配してたんだ」

 

と優しく伝えてください。何も知らなかった彼女はなんでだろうと考え始めると思うので、
前もって調べておいたすそわきがチェック出来るサイトを今見つけたという提で一緒にチェックしつつ、
一緒に臭いのケアを考えて行きましょう。

 

 

とにかく彼女の事を一番に考え、優しく伝えてあげてください。

 

 

一緒に問題を解決することで絆も深まりますね!


手術で治すメリットデメリット

すそわきがだということが確定して完全に治したいとなり手術をするとします。
その前に手術のメリットとデメリットをしっかりと確認をしておきましょう。
まず手術と治療の違いは皮膚をメスで切るか切らないかになります。

 

メリット
手術のメリットはもちろんあります。すそわきがの手術は今まで出来ませんでした。
しかし医療の進歩によりメスで切開する手術が出来る様になりました。
切開してアポクリン腺を取り除くので、取り除いた部分からは再発はありません。
重度の方は手術が良いのかもしれません。後は、傷口が小さいことくらいです。
メリットはこのくらいでしょうか。

 

デメリット
実は手術はデメリットの方が沢山あります。
医療の進歩で最近手術が可能となったので症例は少ないです。
手術は治療と違って入院が必要になるのでお仕事を一週間程休まなければいけません。
そして入浴も数日入れないに加えて、アポクリン腺を取り除けたところは再発はありませんが、
取り切れなかった場合もあるので完全なる無臭は約束出来ないのが現状です。
他にも人によっては皮膚にツッパリ感が出たり、硬くなったりと様々です。

 

すそわきがが重度ではない場合は彼女としっかりと話し合って決めるのが良いと思います。
そして手術も治療も費用はかかります。それも合わせて彼女と彼女にあった方法を考えていってください。


すそわきがで悩む彼女たちのつらーい体験談をご紹介

 

 

世の中には、女性男性で腋臭に悩みのある人は多いかと思われますが、本人だけでなく周りの人にも悩みがあります。私の場合、同じ職場(介護)で働いている同僚ですが、職業柄助けあって仕事をするのですが介助をする際に腋臭の匂いがきつく気分が悪くなる事もしばしばあります。根はやさしく、いつも気を遣ってくらる方なもので、こちらとしても匂いをどうにかして欲しいとはとても言い出せられません。その匂いはとても刺激臭で排便の匂いよりもきつく、長時間狭い空間では一緒に過ごせないほどです。たまに無臭の時もあるのですが、働いているうちに匂いも出てきてしまうようで、やはり匂います。一度出てくれば消臭スプレーなどは使用せず、仕事が終わるまでは、消臭スプレーを絶対に使用しません。まれにではありますが、ある職員が誕生日などで腋臭の対策品などを、冗談混じりでプレゼントするのですが、本人は気づかないのか冗談とでしか受けとる事はありません。
腋臭のある人は本当に気づいていないのでしょうか?
それとも気づいてはいるが、対策をするのがめんどくさいのか?どちらにしてま周りの人からすれば悪臭です。この本人が少しでも感じの悪い人ならば、はっきりと言うことになるのですが、何分良い方なのでこまっています。

 

 

私はすそわきがで彼氏といい感じになった時にも、いまいち積極的になれなくて、機を逃したことがあります。
私はアメリカ生活が長かったので、アメリカではEVEという名前のデリケートゾーン専用のソープが売っていたので、それで洗ってすそわきがを消していました。アメリカではデリケートゾーンのお手入れは当たり前のことになっていて、普通にマーケットなどでもデリケートゾーン専用のソープが売っていたりしますが、日本に帰ってきたら、なかなかそういうソープが売っていなくて困りました。
すそわきがはウォシュレットで洗っても消えないのです。すそわきがの原因になっているのはタンパク質なので、普通の石鹸では匂いが取れないばかりか、石鹸でゴシゴシ洗うと菌が増殖して逆効果になるということで、とても悩みました。
男性は女性のデリケートゾーンの匂いに敏感だと聞きましたし、なかなか自分のすそわきがの手入れができていないと、男性とも親密な関係になれないので、すごく困ります。すそわきががなくなれば、もっと積極的になれると思うのですが、そうじゃないので、消極的になってしまって、せっかくのチャンスを逃してしまうことになってしまうのです。専用のソープでお手入れしたいです。

 

 

2年位前に付き合っていた女の子がいた。その子と行為に及ぶ際、いつも気になったのが陰部の匂いだった。強烈に鼻を衝く悪臭というのではなく、たとえるなら鉛筆の芯のような少々癖のある変な匂い。女性には生理があるから、おりもので蒸れた匂いだろくらいに思った。今考えるとあれはおそらくすそわきがだったのではないだろうか。もっと念入りにゴシゴシ洗えよとか、ちゃんと風呂入ってんのかよとも思った。すそわきがに対するイメージなんてそんなもんだ。つまり本人の生活習慣で良くも悪くもなる、くらいに。本人は気付いていないようだった。それもそうだろう、アソコの匂いなんて敢えて嗅ごうとは思わないから、他人に指摘されるまでは絶対気付かないはずだ。あの当時、僕にすそわきがに関する知識は無かったが、それでもあの特徴的な変な匂いについて彼女に教えるべきだったのだろうか。男同士で、ましてや気心知れた友人ならばわきがを指摘するのもわけないだろうが、男女となるとそうはいかない。体臭の問題って本当にデリケートだと思う。そして多分だけどすそわきがの人からしたらこんなふうに周りに気を遣わせていることが一番心を痛める要因になるのじゃないだろうか。

 

 

まさに、主人が、自分のワキのにおいで非常に悩んでいました。
高校生くらいの時に、母親に指摘されて気付き、それからは匂い対策を怠らないように気を付けて生活してたそうです。
朝はシャワーを浴びてワキをよく洗い、柑橘系の爽やかなコロンをつけてから出勤しています。
それでも、ワイシャツの下に着るシャツのワキ部分だけが黄色く変色していき、半年ほどで茶色がかってくるので、それは捨てて新しいものに買い替えなくてはいけません。
すごく不経済なのですが、ワキの下だけ変色したものを着続けさせるのは可哀想で・・。
主人はその匂いがすごく嫌らしいのですが、実は私はその匂いが嫌ではないのです。キツイ匂いだということは分かるのですが、臭いけどついつい嗅いでしまう珍味ヘシコのような・・。
以前テレビで見ていた時、女性は男性の匂いを無意識に嗅いで、1秒以下の速度でその人が自分より遺伝的に遠いか近いかを判断するそうで(遺伝的に遠い人物の匂いは好ましく感じ、近い人物は悪臭だと感じる)、女の子が思春期に父親の匂いを嫌いになるのは、遺伝的にかなり近いからだそうです。
私と主人は遺伝的に遠いのかもしれません。
彼は色々口コミを見ては、ワキガ対策をしていましたが、今は「Lavilin」というクリームを購入して、これに落ち着きました!
シャツのワキも黄色くならなくなったんです。
クリーム自体に匂いがないので不思議なのですが、とてもよく聞いているのだと思います。
どこかに必ずいる、自分のその匂いを良いと感じてくれる女性と出会うことも悩みの解決に少し貢献すると思います♪

 

 

 

私は腋もワキガですが、股間もすそワキガで悩んでいます。色々と調べたのですがワキガの人はすそワキガになる人が多いようですね。ちなみに脇は毛を短くして、お風呂上りはワキガようのクリームを塗り、そして朝は汗止めクリームを塗り、わきがの原因の汗を出さないようにしていますが、すそわきがに関しては何もしていません。そのうえパンツとズボンの二枚はくことで通気性が悪く冬場でも風呂に入るために下着を脱ぐと強烈な匂いがしてきます。そして夏場は自分でも我慢できないくらいの強烈な匂いがします。過去に体の関係をもった女性の9割に臭いといわれました。しかり性行為のとき以外はすそわきがの匂いがでることはないので、腋のわきがに比べて放置しています。それに股間の部分ということで誰にも相談できませんし、病院に行くのも恥ずかしいのが本音。だから今までずっと何もせず放置してきたのですが、もし治るクスリや手術があるなら是非利用したいとも思っています。もう30代後半で若くはないですし、プラス加齢臭も強くなっていく一方なので、まわりの人に迷惑をかけないためにもそろそろ処置することを真剣に考えたいと思っています。何より自分でもこの臭さはもう限界です。

 

 

 

中学3年生の姪が今とても悩んでいることです。すそわきがが気になって、勉強にも集中できていないようなのです。同級生のお友達に彼氏ができたそうなのですが、姪はそれどころではないと言っていました。彼氏どころではなく、今はすそわきがで頭がいっぱいなのだそうです。そこまで悩んでいるのなら、叔母としてもどうにかしてあげたいと思うようになりました。
しかし、実際には大したことはできません。と言うのも、成長期なので手術をするわけにもいかないからです。手術は大人になってからではないとできないものだということも、インターネットの情報から知りました。今は市販の制汗剤などを使って、とりあえず対処するしかないようです。
現在、姪は制汗剤を使っています。それでも部活で汗をかいて流れていってしまうので、帰宅時にはもう臭いが充満してしまっています。
先日、クラスの女子の一人に「なんか臭い」と言われたそうです。姪に対して言ったわけではないのですが、姪はそれ以来、さらに気になってしまったらしく、いつも脇を閉めています。脇を閉めればさらに汗をかいてしまいます。臭いも当然、ひどくなります。これでは悪循環です。
最近は高級なすそわきが専用のクリームを塗るようになりました。これで多少は効果が出るのかどうか、様子見というところです。

 

 

 

私は高校あたりから「自分はわきがなんじゃないか」という不安を持っていました。ただ、わきがというのはなかなか他人から指摘されることはありません。だから確信を持てないまま不安な状態が続くわけです。
でも私の場合はわきがであることに気が付いたときがありました。それは「白いTシャツの脇の部分が直径10センチくらいの大きさで黄色く黄ばんでいることに気が付いたのです。
私の中では「わきが=わきの部分の黄ばみ」という理解だったので、自分がそうであることが分かってから「あー自分はワキガなんだ」と理解するようになりました。
でも私は、朝と夜必ずシャワーを浴びます。だから仮にワキガであってもそんなに強い臭いを放っていることはないと思っています。嫁に「正直に言ってくれ。臭いか」と聞くと、「汗臭い時はあるけど、特有のワキガのニオイは感じたことないよ」と言われます。
自分がワキガであることを理解するようになってからミョウバン石鹸を使うようになりました。ミョウバンがワキガにすごくい良そうです。どの程度良いのかわかりませんが、ミョウバン石鹸を使うようになってから、Tシャツのワキ部分の黄ばみもなくなっているように感じます。今では私にとってはミョウバン石鹸は欠かせません。

 

 

 

3〜4年前からすそわきがに悩んでいる20代のOLです。体臭にまつわるコンプレックスって人に話しづらくて辛いです。そしてどうしても人の大勢集まる所だとか、密着する場所は避けてしまいます。すそわきがの原因ってイマイチよくわかりません。油っぽいものだとか肉類などの動物性たんぱく質は匂いのもとになると聞いたことがあるので野菜中心の食生活を心掛けたり、お風呂も朝・晩の一日二回は必ず入ります。すそわきがを自覚してからは特に陰部は念入りに洗うようにしています。それでも改善しません。私は今付き合っている男性はいないのですが、この体質のせいでつい恋愛に臆病になってしまいます。男性と付き合ったらおそらくセックスもすると思うんです。でもすそわきがが原因で相手に嫌われたりしないかと考えただけで本当に男性とお付き合いするのが怖くなるんです。クリニックに相談するにも、受診するのが恥ずかしくて未だに一歩を踏み出せずにいます。こんな体質はもしかしたら自分だけなんじゃないかと考えることもあります。もしも自分と同じ悩みを抱える方がいたらぜひいろいろと相談したいです。すそわきがになって改めて感じた辛さは悩みを打ち明けられない孤独だと思います。

 

 

わきがは遺伝するとよく聞きます。匂いの原因である汗腺の数が、親から受け継がれるからだそうです。私はわきがではないのですが、すそわきがで、陰部から嫌な匂いを発する、それも自覚できるくらい強い匂いで、数年前から悩み、コンプレックスを抱くようになりました。最初にこの体質に気付いたのは当時付き合っていた彼氏との行為のあと。その彼とはその時点で4年半付き合っていて、明け透けというか、割となんでも言い合える仲だったのですが、行為のあと、私が下着を付け直している時彼が傍で「おまえのあそこなんか変な匂いするよ?」と言われたのがきっかけでした。その時は生理の直後だったので経血の匂いかなくらいに考えていたんです。でもその後もずっと嫌な臭いは継続し、彼とセックスする度にその匂いを指摘されるようになりました。これが原因かは分かりませんが、次第に彼とも疎遠になり、セックスの回数が減るにつれ、心の距離も広がっていき、最後には別れてしまったのです。私と同じような悩みを抱える方に質問です。このすそわきがを治す方法はあるのでしょうか。病院に受診するにもすごくデリケートな部位の問題だけに勇気がいります。そしてなにより誰にも相談できないというのが一番の悩みです。こんな悩み、恥ずかしくて誰にも話せません。

 

 

私は小さい頃からワキガかのですが、一番の悩みは何と言っても臭いです。小学生のときなどは活発的な性格というのもあり、毎日学校や公園で遊んでいました。子供というのもあって初めは気づかなかったのですがだんだん「あれ?何のいおいだろう?」となっていくうちに自分の臭いだということに気づきました。でも、自分があまりにも幼すぎて対策の仕方も分からずに悩んだことがあります。特に臭いがひどいなと自分で感じるのは運動して汗をかいてすぐではなく、すこし身体の火照りが収まったころです。また、緊張などによるじわっと汗。これはすごく個人的に厄介で、アガリ症の私にとってじわっと汗はかなり頻繁に直面することで、大切なお洋服に臭いがうつってしまうことです。洗ってもそれが続けば臭いが取れなくなったものもあって、それがすごく個人的な悩みです。臭い対策として、今は脇の臭いをブロックしてくれる薬用スティックやデオドラントなどを利用して過ごしています。脇の手術も考えたのですが、あまり主流ではないし、情報があまり出回ってないので分からず、また、金銭的なことも心配で手術まで勇気が出ません。しかし、はやり何もしなくても臭わない脇というのがベストだし、望みです。

 

 

 

これだけ多くの女性が、すそわきがで悩んでいるので
男性の皆さんは女性の気持ちもしっかり心にとめておきましょう。